お酒を飲み過ぎると肝硬変の確率が高まる?

トップページ お酒を飲み過ぎると肝硬変の確率が高まる?

お酒を飲み過ぎると肝硬変の確率が高まる?

アルコール性肝障害には、脂肪肝、アルコール性肝炎、肝硬変という種類があります。お酒を飲みすぎると、これらのアルコール性肝障害を引き起こすリスクが高まってしまいます。脂肪肝、アルコール性肝炎、肝硬変などのアルコール性肝障害を抱えている人がお酒をやめずにいると、肝障害が悪化の一途を辿り命を失うことにもなりかねません。

 

アルコール性肝障害のうち、脂肪肝のほとんどは症状が起こらないものですが、3割くらいの人には肝臓の腫大が認められることがあります。肝臓を押した場合に、痛みが伴うこともあります。

 

また、アルコール性肝炎になると、発熱や黄疸、白血球数が多くなる、肝臓の圧痛・疼痛などと共に腫大が認められるようになります。さらに、皮膚にはクモ状静脈が引き起こされます。

 

アルコール性肝炎が肝硬変に移行すると、ほぼ症状はないもののアルコール性肝炎と同じような症状が認められるようになります。例えば、門脈の血圧が高まったり、脾臓の腫大、腹水、肝不全から引き起こされた腎不全、意識障害、肝臓がんなどの合併症を起こしてしまう危険性もあります。お酒を断つことで肝障害の一部は改善することもありますが、繊維化した部分は元通りになりません。

 

アルコールの摂取をやめた人は、長く生きていられる確率が上昇するということがあります。アルコール性肝障害の対処方法はたった1つ、それはお酒をやめるということです。

 

お酒を好んで飲む人には難しいことかもしれませんが、方法もないではありません。例えば、お酒をやめるためのサポートをしているような団体に参加して、アルコール断ちに立ち向かうのもよい方法でしょう。