ニキビ跡と色素沈着を治すには?

トップページ ニキビ跡と色素沈着を治すには?

ニキビ跡と色素沈着を治すには?

ニキビが悪化してしまうと、炎症は解消されたとしても、ニキビができていた箇所の赤みは取れないということもあります。そして、そのまま色素沈着になってしまって、最終的にシミになってしまう場合もあるのです。色素沈着でも色々なパターンがあり、そのパターンによってケアをする際に注意するべきことも違います。ニキビ跡のケアはこれにきまり⇒ニキビエステランキング

 

まず紫色に近い色素沈着が肌の奥にできてしまっている場合、ヘモグロビンによって引き起こされている可能性が高いです。

 

ヘモグロビンというのは、血管の中を流れているのですが、ニキビができてしまって、ニキビが化膿してしまうと、毛細血管がニキビによって壊れてしまいます。そして、毛細血管から真皮に血液が流れてしまい、紫色に近い色素沈着をひきこしてしまうのです。

 

次に、ニキビ跡が茶色に近い色素沈着を引き起こして知る場合、新陳代謝が正常に行われずにメラニン色素によって色素沈着を引き起こしている可能性が高いです。肌のターンオーバーを促進させることによって、垢と一緒にメラニン色素が排出される場合もあるのですが、紫外線などによって大量にメラニン色素が発生してしまうと、色素沈着が起きてしまいやすくなります。

 

メラニンというと、肌に悪影響を及ぼしてしまうイメージだけを持っているという人も多いのではないでしょうか?ですが、メラニンというのは元々は肌を外部の刺激から守るための存在となっています。

 

しかし、肌の細胞の再生がスムーズに行われなかったり、ニキビによって傷ついてしまっていると、メラニンを正常に排出させることができずに色素沈着を引き起こしやすくなってしまうのです。

 

どのような原因で色素沈着を引き起こしてしまうにしても、肌の代謝を促進させるようにして肌の働きを正常にさせることが必要と言えるでしょう。